読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

料理という名のエンタメ

若い頃、「料理上手」な女の子って 素敵、と憧れていました。

でも自分は不器用だし、無理だ、と諦めてもいました。

 大学生の頃、簡単なスープをパパッと作ってくれた男の子にとても感心したぐらい、料理のことは知らないままで大きくなりました。

 

 結婚してからも 「よくも私の旦那は我慢したよね」というぐらい 料理は得意とは言い難かった。

 

しかし結婚して21年。

家族は食べなきゃいけないわけで、

下手も下手なりに場数を踏んできました。

 

今では

料理することが

 

癒しにすらなっています。

 

料理は創作。

料理は無になれる。

料理はあまりお金がかからない趣味。

 

オーストラリアでは 総菜屋もありません。

しかもテイクアウトは高い。

 

作ることがどんどん増えていきます。

 

そして、キッチンが広い。

 

何が起こるかというと。。。

 

f:id:kyokokwanau:20170325105250j:image

 

キッチンで使う家電品が増える。

 

これはノンオイルのフライヤー。

 

f:id:kyokokwanau:20170325105331j:image

パン焼き器、フードプロセッサーは当たり前。

 

f:id:kyokokwanau:20170325105356j:image

 

炭酸水を作るもの。

f:id:kyokokwanau:20170325105420j:image

 

コーヒー作るの。

 

ホットサンドメイカーは二つもある。

炊飯器、ホットプレートももちろん。

電気で動く圧力鍋も。

 

作るツールがあっても

料理上手というわけではありませんが、

 

少なくとも

 

料理が楽しい。

料理はエンタメだ。

 

他にやることないし!(笑)

 

今日のお昼は

 

f:id:kyokokwanau:20170325105740j:image

 

サーモンのパイと ノンオイルのフライヤーで作ってみた さつまいものウェッジです。

 

 次に欲しいものは。。。

 

f:id:kyokokwanau:20170325110135p:image

 

ケーキを作るとき、勝手に混ぜてくれる。

 

ひーーー!

と心で嫌がっている 旦那の顔が浮かぶ。