息子のサッカー

エブンくん9歳は、8月に10歳になりますが

早めの誕生日プレゼントをもらいました。

今から履かないと、サッカーシーズンが9月で終わってしまうので。

 

f:id:kyokokwanau:20170617193247j:image

 

ナイキのサッカーシューズをアメリカからカスタムメードで!

成長して来年のシーズンには履けなくなる可能性大。。。泣。。。だけどね。

 

色の組み合わせや名前を入れることができます。Evano とはあだ名。

 

エブンは学校のお友達に

Evano kwanović

と呼ばれています。(笑) サッカー選手っぽい。

 

そう、クラスメートも認める

 

サッカー気狂い エブンくん。

 

先日 YouTubeコーナーキックからのゴール の特集を見ていました、、、何回も繰り返し。

イメトレ。

 

新しい靴の魔力か、

今日の試合では

フリーキックからのゴールや コーナーキックからのゴールなど。。。素晴らしかった。

 親バカ炸裂。

 

f:id:kyokokwanau:20170617194020j:image

 

あ、最近パパも審判の資格とって 地域のスポーツに貢献し始めました。

f:id:kyokokwanau:20170617194117j:image

 

オーストラリアの子供のサッカー試合ではサッカーの技術の優劣に関わらず

チームの全員が平等にプレーします。

 

エブンも途中でフィールドから出て休むことがあるのですが、

エブンが下がると 相手チームに点数がどんどん入ってしまいます。

 

子供達がコーチに

「僕は出なくていいから エブン出して!」

 

って頼んでました。笑

 

コーチは

「それはダメよ、チームプレーだからね」

と。

 

勝ち負けにこだわる人は

 

「どんだけ平等なんだ!ほどがある!」

 

とか

「スポーツは勝ってこそだろ。ずれてる」

 

とか

 

思うでしょうね。

 

でも 私はいいなあって思ってます。

 

エブンも「自分自分!!!」ではなく、

チームメートがプレーする楽しみを尊重する態度を学びます。

 

待ってる間に犬になって遊んでるチームメート。

f:id:kyokokwanau:20170617195712j:image

 

ま、こんなゆるゆるな オージーサッカー。

 

 

今日は一点差で負けてしまった。

エブンはとっても悔しくて プリプリ怒ってました。

 

車に入ると

 

「勝ったってことにする。」

 

と事実を曲げて(笑)

 

 

自分の平常心を取り戻しました。

 

f:id:kyokokwanau:20170617200018j:image

 

ちなみに ハーフタイムにはオレンジを食べる習慣があります。

日本では何を食べるのかしら??

 

 

おまけ。

ママ娘、朝ヨガ後の朝食会。

 

f:id:kyokokwanau:20170617200220j:image

f:id:kyokokwanau:20170617200228j:image

 

 

 

広告を非表示にする