読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミュージカル 追記 と ハーモニーデー

次女のミュージカル公演は無事終わりました。

 

最終日は初日よりもさらにのびのびできていました。

 

チケットは完売。日本人のお友達や音楽の先生、知り合いの方達も見に来られていて、公演の後は

「プラウド ペアレンツ」(親として誇り高い)ですね、と何回も褒められました。

 

全体的に言って、公立の高校生が作った舞台としては かなり良い出来だったと言えると思います。

日本人ママと話した時も日本の演劇部などの公演と比べても(よく見たことないけどさ)、格段にクオリティーは高かいのでは、と。

舞台セット、ライト、バンドも全部高校生。

 

準備段階では相当 心配でしたが、最後には 

うまくできちゃう、

これはオーストラリアの底力。

 

無駄に準備段階では全力投球せず、やる時はやる、みたいな。それはオーストラリアのすべての面で見られる傾向。

日本人の私は 「大丈夫?」 といつもハラハラするが、なんとかなるのよねえ。

f:id:kyokokwanau:20160703114212j:image

 

f:id:kyokokwanau:20160703114237j:image

 

⭐️⭐️⭐️

 

職場ではハーモニーデー。

多文化を祝うという趣旨。ルーツをオーストラリア以外に持つ私たち海外組とオーストラリアの原住民アボリジニ、そして征服者であるイギリス人の末裔組み。

みんな 仲良くしようね、というお祝い。

先生3名

f:id:kyokokwanau:20160703120919j:image

 

ボリジナルアート

 

f:id:kyokokwanau:20160703120947j:image

 

ネパールダン

 

f:id:kyokokwanau:20160703121003j:image

 

この町は小さいけれど、色んなルーツを持つ人々が暮らしています。