読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ポールの誕生日

なぜかしら、息子は数日前からポールの誕生日を楽しみにしていました。(他4名はかなり無関心の中)
「あと2日だね。」「明日だね」


そして、今朝、早くからベットに来て
「誕生日おめでどう!!」

そんな、可愛い幼い息子は我が家にとって笑顔の元ですな。

iPhoneから送信

最近は出費も多いし、これといってプレゼントもないので地味な誕生日になるかな、と思いましたが、友達がたまたま夕食会に招待してくださったので、少しは楽しい賑やかな夜になりそうです。



☆☆☆

はんなは新しい学校へ行き始めて2週間。
色々すったもんだありますよ。
彼女は英語が得意で、前の学校では上級?のクラスでもまあまあトップだったわけですが、
新しい学校ではレベルの低いクラス(下から2番目)に入れられてしまい、

「宿題もでない。授業中も先生はなんにも言わない。ただ読んで、その感想をかかされるだけ。周りの子はやる気がなさすぎる、ひどい」

と大泣き。(宿題がないのは多いに喜ぶべきことではないか???)

そこで、詠美とポールも付き添って、英語の先生に直談判。
成績表などを持っていって見せたらあっさりと「オッケー、じゃあ1番上のクラスに入れましょう」と決まりました。


なんか、はんな、メンドクサイなあ〜、、、じゃなくて、感受性が豊かだなあ〜。


それに引き換え、恵文君はなんて、鈍感。。。いやラクなのだろう。
クラスメートのミリーが先生が好きではない、という理由で学校を変えるという。


私「恵文、良くない先生いるの?」
恵文「。。。。?わかんない。」
私「先生のこと好き?」
恵文「うん。サッカーも好き」


ということで、先生のことはどうでもよくて、サッカーだけが気になるエブンなのであります。


私は勉強の課題が多すぎて、とても頭が痛い。
早く勉強なんて終わってくれ。。。
11月末で終わるから、それまでの辛抱だ。