読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はんな16歳

昨日ははんなの16歳の誕生日でした。
思春期まっただ中。


アトピー最悪の朝。
そのうえ、自意識が過敏なので、それを非常に苦痛と感じ、さらにストレスを増す、、、益々悪化、という悪循環。
そんなはんな、今学期の最後の日と誕生日が重なりました。
しかも、来学期からは学校を変える事にしたので、この日が アーミデール ハイスクールの 最後の日。


朝はぎゃーぎゃーアトピーに文句を言いながら家を出る。


夕方、お迎えに行くと、今度は打って変わって、
友達たち大勢がサプライズパーティーをしてれたと。二十数人で企画してくれて、プレゼントも沢山もらった。
はんな「なんて優しい友達達なの、、、」と感動の涙。
ネパール人の男の子にはフォーマルというパーティー(学校の年度末に行われるパーティー)のパートナーになってくれと、誘われたと嬉しそう。
*これを聞いたポールは「この子との結婚はだめだな、クリスチャンじゃないし」って、気がはやすぎる。。。。優しく見守ってあげましょうよ。


すかさず私「ね、あまりアトピーのことは気にしない。そんなあなたを大好きだっていう友達がいるからいいじゃない」


といったが、それとこれとは違うらしく、「この辛さはだれにもわからない!、ぎゃー。」とまた噴火。


成績表をもらってきました。まあまあ、良かったが、先生のコメントには「もっとできる」と、もっとがんばれ、真面目にやれ、と書かれてありました。


☆☆☆

ところで、学校を変えることを考えたのも、はんな本人。
今年になって、いままでいた経験豊富な音楽の先生が学校から去ってしまった。
そのうえ、代わりにきた先生は若い経験も情熱もない先生。
2学期間我慢してきたがはんなは耐えられなくなり、先日、詠美の行っているDuvalハイスクールに試し入学してみた。
小さなまちなので、こっちの学校にもすでに友達は沢山いる。
音楽の授業はとても良かったと。英語(←得意科目)はまあまあなのが、残念だと。
でも、変えることに決定。
詠美と一緒に通えるのは最初の数ヶ月だけだけど、それも楽しいでしょう。(詠美はもうすぐ高校終わり!!!!)


私は個人的に、なにより、自宅から直ぐ近く、というのが良いと思う。
これから11年生、12年生になると、授業数が減るので、へんな時間に帰宅することになる。
いちいち私が迎えに行かされるのはごめんだ。
(あくまでも私の都合大事)
恵文はこれから行きも帰りもひとりでバスに乗る事になるが、もうそろそろ大丈夫でしょう。


☆☆☆


今日、久しぶりに恵文が5㌔走って、24分代だったって。疲れた様子もなし。体が軽いって、走るの楽なんだね。